関西エース不動産TOP > 株式会社関西エース不動産のブログ記事一覧 > 賃貸物件のお風呂が寒い!自分でできる寒さ対策は?

賃貸物件のお風呂が寒い!自分でできる寒さ対策は?

≪ 前へ|東大阪市の電子図書館「電子図書館サービス」の内容やメリットをご紹介します   記事一覧   東大阪市の子育て支援制度のひとつ!ファミリー・サポート・センターの概要とは?|次へ ≫

賃貸物件のお風呂が寒い!自分でできる寒さ対策は?

カテゴリ:☆関西エース不動産東大阪店新着情報☆

賃貸物件のお風呂が寒い!自分でできる寒さ対策は?

「賃貸物件のお風呂が寒い」ということで困っている方は少なくありません。
特に、追い焚きができないタイプのお風呂ではこの問題は深刻です。
今回はそんな賃貸物件のお風呂の寒さの原因や、寒さ対策が必要な理由をまず解説したうえで、自分で簡単にできる寒さ対策もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のお風呂の寒さ対策!原因は何?

賃貸物件のお風呂が寒くなる主な原因としては、以下のようなものが挙げられます。

●お風呂は北側に配置されていることが多いため、日光による暖め効果を得られない
●換気扇だけでなく窓もあるお風呂は通気性が良い点はメリットだが、その分寒い風も浴室内に入ってくる
●窓があるお風呂は窓部分の断熱性も低い
●お風呂の壁や床に、タイルなど冷たく感じる素材を使用している物件も多い
●お風呂の床に水が残っていると、それが冷えてさらに寒く感じる


こうした原因を放置して寒い状態のままでお風呂に入ると、「暖かい居室から寒い脱衣所・風呂場に行くことによってヒートショックを起こす危険性がある」など、健康面でも大きなリスクを抱えることになってしまいますので、寒さ対策をすることが必要です。

これなら簡単にできる!賃貸物件のお風呂の寒さ対策

ヒートショックなどの事態を起こさないため、そして快適にお風呂を使うためにも、賃貸物件のお風呂に寒さ対策をすることは大切です。
とはいえ賃貸物件ですから、お風呂の本格的なリフォームなどを勝手にすることは許されませんので、以下のような簡単な寒さ対策を取り入れるのがおすすめです。

●脱衣所に電気ストーブなどをつけて、脱衣所内を暖めておく
●換気扇を止め、窓もしっかり閉めたうえで入浴直前に浴室の壁や床にシャワーでお湯をかけ、お湯と蒸気で浴室内を暖かくしてから入る
●湯船にお湯をはっているなら、蓋をあけて湯船からの湯気でも浴室内を暖めておく
●追い焚きできないタイプのお風呂に入る場合は、浴室のすぐ横に熱湯を入れたポットを用意し、湯船のお湯がぬるくなったら「足し湯」をする
●お風呂の扉や窓に貼ってはがせるタイプの断熱シートを貼る
●「お風呂の窓に隙間がどうしてもできてしまう」という場合はすき間テープを活用する
●床が冷たい素材でできている場合は、すのこや風呂用マットを敷く

まとめ

今回は賃貸物件のお風呂が寒くなる原因やその危険性を解説したうえで、自分でも簡単にできる寒さ対策もご紹介しました。
今回の情報を参考に、寒い季節でも快適なバスタイムを楽しめるよう工夫していきましょう!
私たちセンチュリー21関西エース不動産 東大阪店は、東大阪市の賃貸マンション、賃貸アパートを中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|東大阪市の電子図書館「電子図書館サービス」の内容やメリットをご紹介します   記事一覧   東大阪市の子育て支援制度のひとつ!ファミリー・サポート・センターの概要とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約